梅田の矯正歯科クリニックすべて見せます!
HOME >  矯正歯科の治療の種類 >  ワイヤー矯正

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正について

ワイヤー矯正は、歯にブラケットという装置を取り付け、ワイヤーを通して動かしていく矯正です。昔からあるスタンダードな治療法です。

ワイヤー矯正は歯にメタルのブラケットを装着するので、見た目がよくないのが欠点でした。しかし最近は目立たない透明のプラスティック白いセラミックのブラケットが開発され、審美的にかなり改善されています。

最もスタンダードな「ワイヤー矯正」とは

ワイヤー矯正は、基本的に全ての不正咬合に対応でき、実績も十分にある矯正法です。見た目さえ気にならなければ、矯正の効果としては最も信頼できる治療法ではないでしょうか。

ワイヤーはメタルが主流ですが、白いワイヤーを取り扱っている矯正歯科もあります。白いワイヤーと透明や白のブラケットを両方使用することで、かなり目立たなくなります。

ちなみに私は、ワイヤー矯正で透明のブラケットと白いワイヤーでやっていただきました。金属部分がないため、間近で見ないと矯正していると分からない!裏側矯正よりも費用は安いので、かなりおすすめです。

ブラケットの種類

●メタルブラケット
メジャーなメタル製のブラケットです。薄くて丈夫な上、治療費も安めです。
今は、サイズも小さくなり、昔ほど目立たなくなりました。汚れがつくとすぐに分かるため、歯ブラシによるお手入れも比較的簡単にできます。

●クリアーブラケット、セラミックブラケット
20年ほど前に開発された審美性も兼ね備えたブラケットです。
素材は、金属ではなく透明のプラスチックや白いセラミックなので、かなり目立ちにくくなります。プラスティックの場合は、治療期間中に吸水によって多少の色素沈着が見られる場合があります。

●ホワイトワイヤー
メタルではない白いワイヤー。2~3m離れると、矯正をしていることに気づかれません。
目立ちにくく、見えても上品な感じで違和感などがなく、自然な感じです。

手ごろな費用で治療者も多い

矯正の期間は一人ひとりの歯の状態によって変わりますが、ワイヤー矯正は平均的に2~3年かかります。この期間中は、ワイヤーの調整のために1~2カ月に1回程度通院することになります。

●ワイヤー矯正のおおよその費用
・矯正基本料 約60~100万(上下)
・クリアーブラケット、セラミックブラケット 5~20万(矯正基本料に追加)

※この他、相談料や毎回の調整料などがかかる場合があります。

ワイヤー矯正のメリットとデメリット

●メリット
・昔から行われてきた矯正法なので、実績がある
・どの不正咬合にも対応できる
・治療期間が短め

●デメリット
・ブラケットやワイヤーを歯の表面に取り付けるので、見た目が気になる
・矯正中は虫歯になりやすいので、ケアが必要