梅田の矯正歯科クリニックすべて見せます!
HOME >  矯正歯科の治療の種類 >  非抜歯矯正

非抜歯矯正

スライス矯正など非抜歯矯正の方法をリサーチ。歯を抜かない矯正法のメリットを紹介します。

非抜歯矯正の種類

八重歯や乱ぐい歯を矯正する場合は、ワイヤー治療などを始める前に、歯を並べるスペースを増やさなければなりません。

その際、日本では抜歯を行なうのが主流でした。しかし、近年ではなるべく歯を抜かず、非抜歯矯正を行なう医師が増えています。

非抜歯矯正には主に2種類の方法があります。

  • 歯を削ることで小さくして、歯列のスペースを作る「スライス矯正」
  • 歯を並べるアーチを広げる「歯列拡大」

非抜歯矯正ではこのどちらか、または両方を行ないます。

歯列拡大は特に成長期の子供に対して効果的。大人の場合は、アーチを動かせる範囲が限られてくるからです。したがって、大人の矯正では主にスライス矯正が用いられるようです。

日本人(特に女性)は歯の大きさに対して顎が小さい人が多いので、非抜歯矯正が難しい場合もありますが、乱ぐいの程度があまりひどくない場合には、この方法が可能です。

スライス矯正は痛みのない治療法

スライス矯正で削るのは歯の歳表面のエナメル質だけです。エナメル質には神経が通っていないので、削っても痛みはありません。麻酔なども使わず治療ができます。

エナメル質を削ると歯が弱くなるのではないか、虫歯になりやすくなるのではないかという不安も聞かれますが、削った面は充分に研磨し、フッ素加工などを施すので、問題はありません。

歯が重なり合って混み合っている方が、歯ブラシを届かせにくく、かえって虫歯になりやすいといえます。

非抜歯矯正のメリット・デメリット

それではスライス矯正のメリットをまとめてみましょう。

  • 歯を抜かなくてよい。
  • 痛みがない。
  • 治療期間が短い。
  • 歯が小さくなり、審美性がより高くなる。

スライス矯正では歯を抜かないのですから、抜く場合に比べて行程が少なく、治療期間も短くて済みます

また、前歯が大きい人の場合は、前歯の左右を削ることで歯が小さくなりますので、正面からの審美性が高くなります。

一方で、スライス矯正は歯を削るだけなので、あまり大規模な矯正はできないというデメリットがあります。歯が大きい人や極端な乱ぐい歯の場合はスライス矯正だけで治すのは難しいでしょう。また、可動範囲が狭いので、横顔を見たときに、口元が前に出たような感じに仕上がる場合があります。

矯正をしたいけど、歯を抜くのには抵抗がある、痛みや抜歯後のトラブルが不安という方は、クリニックに非抜歯矯正の相談をしてみるといいでしょう。