梅田の矯正歯科クリニックすべて見せます!
HOME >  矯正歯科Q&A >  矯正歯科の認定医とは?

矯正歯科の認定医とは?

ここでは、矯正歯科の認定医について説明しています。

厳しい基準を満たした矯正歯科医

認定医とは、日本矯正歯科学会の認定医制度によって、その知識や技術を認められた矯正歯科医のことです。

そもそも、歯科医の資格さえあれば、誰でも「矯正歯科」の看板が上げられる、ということをご存知でしょうか?専門でない、知識や技術が乏しい、という歯科医が矯正をおこなうことがあるのです。

  • そのような事態を防ぐために、認定医制度があります。
  • 5年以上日本矯正歯科学会の会員であること
  • 学会で認定されている大学の付属病院、矯正歯科医院などで、5年以上の研修をおこなっていること
  • 学会誌に論文を発表すること
  • 試験に合格すること

以上の項目をすべてクリアした歯科医が、認定医とされています。更新は5年ごとに行われ、更新試験に合格しないと更新はされません。

認定医とされている矯正歯科医であれば、安心して治療をうけることができます。矯正歯科医院を探す時は、認定医がいるかどうか、ということを重視してみてはいかがでしょうか?認定医は全国に3000人いるとされているので、近所でも見つけることが出来ると思います。

認定医、専門医、指導医、何が違うのか

認定医とともに、よく専門医と指導医という言葉を見ることがあります。

どちらも日本矯正歯科学会によって認定された歯科医のことです。特徴をあげていくと、その違いがわかります。

●専門医

認定医との違いは、より専門的な知識、技術をもっている矯正歯科医ということです。

  • 認定医の資格をもち、2回以上更新していること
  • 学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、その結果が学会の定めた基準を満たすこと など

認定医の資格よりも、さらに厳しい認定基準が設置されています。そのため、専門医は全国で約300人しかいないそうです。

●指導医

指導医は、認定医と専門医とは大きく違うもので、矯正歯科医を育てる歯科医として学会が認定するものです。

教育活動や研究活動が主となる役割なので、大学で指導者として3年以上在籍したか、とういことが重視されます。技術審査は行われません

 

矯正歯科の認定医、指導医、専門医は、似たような言葉なので、違いがよくわからない方も多いようです。それぞれの違いを理解して、矯正歯科医院選びに役立ててください。