梅田の矯正歯科クリニックすべて見せます!
HOME >  矯正歯科Q&A >  大人と子供の矯正の違い

大人と子供の矯正の違い

成人と子供の歯の矯正って何が違うの?

歯や顎が発達途中の段階にある、子供の歯の矯正は、発達段階に応じた処置が必要ですが、クリニックで正しい矯正治療を受ければ、早くより理想的な歯並びを手に入れることができます。

成人してしまうと顎骨が成長しきってしまっているため、歯を動かすだけの治療となります。ただ、早いうちに治療を受けるほど効果的です。

子供の歯科矯正について

子供と大人の歯科矯正の一番の違いは、子供の体が常に成長して発達していることです。そのため、発達段階に応じた矯正が必要になります。

例えば、上顎は第一次成長期、下あごは第二次成長期に大きくなります。
なので受け口の治療は第一次成長期、出っ歯の治療は第二次成長期がベストです。

また子供の歯並びは、小さい頃からの指しゃぶりや口呼吸、舌を出すなどの癖や、虫歯による早い時期での抜歯なども影響します。両親が気をつけていれば将来歯科矯正せずに済むこともあるので、可能ならば子供が小さい頃から定期的にクリニックで噛み合わせをチェックしてもらいましょう。特に女の子は歯並びがコンプレックスにつながることが多いので、気をつけてあげたいですね。

大人の歯科矯正について

歯科矯正は子供の頃からやっていないと難しいとあきらめている方いませんか?このサイトで私が特に強調したいのは、大人の歯科矯正も十分に可能!ということです。

大人の場合、親知らずが生えてきて歯列が押されて歯並びが悪化する場合、虫歯や歯周病で歯を抜くことで歯列が崩れてしまい、これまで問題なかった歯並びが悪くなることもあります。

大人の矯正治療では、顎の骨の成長は止まっているため、抜歯して治療することが多くなります。しかし矯正の方法は今は色々とあるので、抜歯を極力せず、短期間で目立たずに痛みを感じず治療することも可能です。

就職や進学、結婚など大人になると歯並びが気になるシーンがより増えてきます。
また、よい噛み合わせは唾液の分泌が活発になり、血流を促進し、アンチエイジング効果もあると言われています。心身の美と健康のためにも、ぜひあきらめずに検討してみてください!